KWS

てん菜 – 育種目標

現在のてん菜品種は,生産者が高収量,安定収入を得る事を目標とした140年以上に亘る育種努力の結果です.  KWS は国際的レベルで多様な育種活動をサポートしており,ドイツだけでも,てん菜育種プログラムは,10,000m2以上の温室面積,80ヘクタールにわたる24,000の隔離圃場及び年間30,000以上の近交系統をカバーしています. てん菜は,60年代以降,ハイブリッド種子育種の中心でありつつ゛けています.

重要な育種目標は:

  • 収量
  • 抵抗性
  • 品質

科学の進歩により,25ほどの良く知られた価値ある特性は更に増え,新たな抵抗性,新たな品質特性及び改良された生理特性間の格付け及び区別が出来るようになりました. 

染色体レベルの研究により,新たな型の抵抗性を生み出す事が期待されています.さらに,てん菜の潜在高収量性,耕作上の高度に発達した生産システム及び効率的な製糖工場での処理技術の利用は,非食料分野用の安価な生産物を作り出す事にも役立ちます. 高い光合成及びバイオマス生産レベルを持つてん菜の場合,植物の“生物システム”研究は新たな領域の開拓につながるでしょう.  

  • 抽苔耐性
  • 土の付着

KWS